• 大阪市中央区船越町1-1-11
    大手前ハウス202号室
  • osaka@aozei.jp

近畿青年税理士連盟のご紹介

代表幹事挨拶

第60代 代表幹事 濱田 誠二
第60代 代表幹事
濱田 誠二

皆さま、こんにちは。近畿青年税理士連盟第60代代表幹事の濱田誠二と申します。

近畿青年税理士連盟とは、「会員相互の親睦と研鑽を図りつつ、納税者の権利を護り、租税制度の改善と税理士制度の発展を図ること」を目的として、近畿二府四県の支部(大阪支部、京都支部、兵庫県支部、和歌山県支部、奈良県支部、滋賀県支部)が集まった税理士の任意団体です。
一般的には青税(あおぜい)と呼ばれています。

勉強会や研修、厚生などの事業は主に各支部が中心となって行っており、青税に入会すると原則的には事務所か自宅所在地の支部に属します。連盟組織では各支部の代表が集まり、他の組織との意見交換や懇談などを行っています。
近畿税理士会(近税会)に向けては税制改正に関する意見書や税理士法の改正に向けての意見書を作成して提出しており、近税会定期総会では青税会員が近税会の一会員として質問を行ったり、また、懇談会を毎年設けて意見交換を行ったりしています。
さらに、今年度は近畿税理士政治連盟や西田昌司参議院議員とも懇談会を開催し、税制に関する意見交換を行う予定です。
また、上位団体である全国青年税理士連盟の運営に参加し、日本税理士会連合会との意見交換や意見書の提出、国会議員への陳情活動なども行っています。

青税はこういったお堅めの事業もありますが、事業に参加するもしないも会員次第です。
研修会や勉強会に参加して近税会支部とは違った勉強をするのも良し、懇親会などの厚生事業に参加して税理士仲間を作るのも良し、連盟活動に参加して近税会執行部に意見を言うのも良し、いろいろな楽しみ方があります。

近畿青年税理士連盟は今年で60周年を迎え、60年の歴史を歩む中で近畿税理士会に多くの理事を輩出しており、中には近税会の副会長にをされている方や日本税理士会連合会の理事をされている方や、税理士試験の試験委員をされた方、国会議員もいらっしゃいます。
青税に入会すると多くの地域の会員と触れ合う機会があり、とても楽しく勉強になります。

近畿青年税理士連盟の入会資格は近畿二府四県のどこかに自宅か事務所がある税理士または税理士となる資格を有する者です。
税理士試験に合格したばかりの人や税理士登録をしてまだ間もない人などは定期的に会員以外の方も参加出来る事業を企画していますので、一度青税の事業に参加してみませんか?
税制のこと、経営のこと、従業員のこと、会計ソフトのこと、何でも悩みを相談できる仲間がたくさん出来ると思います。

僕たちはいつでもお待ちしています。一緒に学び、成長していきましょう!!